育毛剤 デメリット

37歳の女性が語る育毛剤の副作用は?

私はつい先日37歳を迎えた女性です。

 

育児のストレスとかで抜け毛が増えてしまってその際に育毛剤を使用しましたが、医薬品ではなく医薬部外品だったので、ホルモンに影響を与える育毛剤ではなかったのが助かりましたが、頭皮が荒れてしまいました。

 

今では女性用の育毛剤は多いですが、当時は男女兼用のが多く、私も男女兼用のを愛用していました。

 

ダイエットをしていると抜け毛が増えると言われていますが、髪が成長しにくいのが関係しているかもしれません。私の友人である39歳、36歳の友人が語っていました。

 

育毛剤を使用することによって副作用が起こる可能性も考えられます。
特に注意していただきたいのが医薬品の育毛剤です。

 

医薬品の育毛剤は効果が高い分、副作用のリスクが高い

医薬品の育毛剤は育毛効果が高い反面、副作用のリスクが高くなることも事実です。

 

例えば医薬品として配合されている成分として知られているミノキシジルは、血管を広げることで血行を促すことができるため高い育毛効果を得られるとされています。ミノキシジル配合の育毛剤としての副作用として起こることがあるのが血圧の異常、むくみ、倦怠感、頭痛などです。 


 

稀に性欲減退や過呼吸などの症状が見られる場合もあると言われています。

 

もちろん副作用が起こる可能性は個人差がありますが、場合によっては辛い症状を引き起こすかもしれないことを覚えておくことが大切です。

 

また、育毛剤に配合されている成分によっては、妊娠中の女性が使用することで悪影響が起こる可能性がありますので、使用している成分についてきちんと確認するのと、今では女性専用タイプが種類が多くなってきているので、使用しやすい刺激が少ない育毛剤を使用して欲しいと思います。

 

 

37歳の女性が語る育毛剤に副作用・デメリットを検証するガイドこんてんつ

医薬品の育毛剤に見られる副作用

医薬品に準ずる効果が期待できるという医薬部外品についても、副作用が起こる可能性が考えられます。

 

医薬品ほど強い副作用が見られないものの、場合によっては肌に合わないことでかゆみや炎症を引き起こす可能性があります。

 

基本的には穏やかに作用する成分が配合されており、強い影響を与える成分が配合されることは少ないと考えられます。

 

しかし、人によっては強い反応を示す可能性も考えられます。

 

炎症が起きているときは無理に育毛剤を使用しない?

特にかゆみや炎症が悪化してしまうと、頭皮環境が良くなるどころか今まで以上に悪化してしまう可能性も考えられます。

 

もしも使用中に異常を感じた場合はすぐに使用するのをやめて、皮膚科医などに相談することが大切です。

 

育毛剤を使用する前から頭皮が炎症を起こしている状態の場合は、できるだけ使用を控えることをおすすめします。

 

配合されている成分に対して過剰な反応を示してしまうこともありますので、頭皮の状態が落ち着いてから使用するようにしてください。

 

また、頭皮マッサージをする際に爪を立ててしまうと頭皮がかぶれやすくなってしまうので注意しましょう。

37歳の女性が語る育毛剤でも頭皮がかぶれるのもデメリットになる

本来37歳という年齢では育毛剤を使用するには特別抜け毛とか気になる場合を除いて使用することは少ないかもしれません。

 

頭皮の状態によっては頭皮の弱さなどもありますが、カラーをした後など状況によっては、女性用の刺激が少ないタイプでも頭皮がかぶれたりするかもしれません。

 

育毛剤を使用することで本来であれば頭皮環境を整えることができて健康的な髪の毛を育てることが期待できます。

 

しかし場合によっては頭皮がかぶれてしまうなどの症状が見られる場合もありますので注意が必要です。

 

医薬品の育毛剤については育毛効果が高いと期待できますが、副作用のリスクも高いと言われています。特によく報告されるのが頭皮のかぶれです。

 

育毛剤による効果については個人差がありますが、肌が敏感な方にとっては強い刺激になってしまう可能性が高いためかぶれてしまうことがあると言われています。

 

 

アレルギー反応がある体質である場合、育毛剤では成分をよく見よう

育毛剤を使用したことで頭皮がかぶれてしまう可能性が高いのは、何らかの物質にアレルギー反応を示すことがある体質をお持ちの方です。

 

育毛剤には健やかな頭皮を維持する目的や元気な髪の毛を育てるために必要となる成分がバランス良く含まれています。

 

特に医薬部外品の育毛剤の場合は天然植物由来の成分が配合されていることが多いです。

 

天然由来成分でも安全性が高いけどアレルギーを起こすリスクはある

天然由来成分であれば安全性が高いと考えられますが、何らかの原因によってアレルギーを引き起こす可能性もゼロではありません。

 

また、商品によっては合成添加物が含まれている場合もありますがこれらの成分もアレルギーを誘発させる可能性があると指摘されています。

 

特に元々アレルギー体質の方の場合は今までは特に問題なく使用することができたのに、ある日突然アレルギー反応を引き起こす可能性も考えられます。

安心して使うことができるようにするためにもまずはパッチテストを行ってみて特に反応が見られないことを確認してから頭皮に使うようにすることをおすすめします。

 

せっかく頭皮環境を整えようとして育毛剤を使用しているのに、頭皮がかぶれてしまうことは避けたいものです。

 

事前にどのような成分が含まれているのか確認することやパッチテストを行ってから本格的に使用するようにしてください。また、使用方法を間違えてしまうとかぶれの原因となりますので、特にマッサージを行う場合についてはやさしく丁寧に行うことを心がけましょう。